契約 取引の調整 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理 

契約の履行

 

契約を締結したが、契約の相手方がお金を払わない。既に契約に基づくサービスの提供や目的物を渡したのに、お金を払わないので、払ってほしい。

契約を締結したが、その後の履行状況について、契約に基づく履行が全て達成されず、不完全な状態。既にお金を支払ったので、早急に契約に基づくサービスの提供や目的物を引き渡して欲しい。

はい。この場合、早急に、相手がお金を支払ってもらうために又は契約に基づくサービスの提供や目的物を履行するための裁判所等提出書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をする必要があります。


個別の事例にもよりますが、契約が履行されていない状態が長くなってしまうと、不利になってしまう可能性が高くなってしまいますので、早急に当事務所にご相談ください。

 

契約、取引上の損害

 

契約、取引の際、相手方の履行によって、損害が生じた

契約、取引を締結する前の話し合いの中において、損害が生じた。
経済的な損害を現実に被ったし、契約、取引の相手方の対応、態度が不満なので、裁判上の請求、裁判外の和解交渉をしたい。

はい。この場合、その損害が生じた事実関係を把握する必要があります。
したがいまして、具体的な事実関係と損害について、当事務所にご相談ください。

 

契約の締結

 

契約、取引を締結する際、相手方と契約、取引内容について、不一致があり、成約することができない状態です。

既に契約、取引の締結に向けて、行動しており、契約、取引を成立させて欲しい
契約、取引の締結交渉をお願いできますでしょうか。

 


まず、当事務所ほか認定司法書士が代理交渉をすることができるのは、訴額140万円以下の範囲内になります。

 

その契約、取引の対象となるものの価格が訴額140万円以下であり、民事上の契約、取引内容に関して不一致がある場合、当事務所が交渉をすることができます。

 

対象物が土地建物や不動産の賃貸借である場合には、実際の取引価格がそのまま訴額140万円以下の基準額となるとは、必ずしも限りませんので、その場合には当事務所にご相談ください。

 

 

不動産賃貸借 調整

 

 

インターネット契約、取引のトラブル

 

インターネット上にて、買い物をした。

その後、契約の相手方とトラブルが生じた。
相手は遠方に住所、営業所があり、このままトラブルが解決できるのか、見通しがつかない。
和解交渉か、裁判調停によって、トラブルを解決して欲しい。

 

はい。インターネット上における、契約、取引のトラブルはインターネット特有の原因からトラブルが発生することが非常に多いです。


当事務所では、裁判書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をとおして、インターネット上における契約、取引のトラブルを解決するために実績と経験、専門的ノウハウがございます。
したがいまして、当事務所にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
司法書士相談 事務所概要 相続放棄 相続登記 遺産承継 商業登記 中小企業支援 債務整理 金銭支払対応 金銭支払請求 債権回収 成年後見 財産管理処分 離婚 相続等家事事件 民事信託 空家対策 その他 司法書士業務