成年後見制度

成年後見制度を利用する必要性

 

 認知症,精神障害,知的障害等判断能力が低下した方が日用品の購入を除いた契約行為,遺産分割協議,預貯金の解約,金銭管理.不動産管理等財産の管理処分をする場合,判断能力が低下しているため円滑な財産の管理処分をすることができません

 

 例えば,判断能力が低下しているため,必要ではない高額な契約を締結したり,必要ではないお金を借りたり,また,判断能力が低下していることから遺産分割協議等の法律行為をすることができない,適切な金銭の支払い,適切な土地建物の管理をすることができないことが考えられます。

 

 

 更に,認知症等判断能力が低下した方の日常生活が適切になされているかを見守り,定期的に判断能力が低下した御本人と意思疎通を図ること(御本人と意思疎通を図ることができない場合,御本人の親族と意思疎通を図ること)が通常の社会生活を送る上で必要になってきます。

 

 そして,相続対策として,成年後見制度に基づき御本人の財産が適正に管理,処分されることの効果として,@推定相続人への不必要な生前の贈与が遮断され(特別受益としての生前贈与を遮断する。),A他の推定相続人から「御本人に代わって事実上,財産の管理をしている推定相続人が自己のために費消している。」という疑念をなくすことができ,相続紛争を予防することができます。

 

 

そこで,判断能力が低下した本人のために第三者である後見人,保佐人,補助人を選任する必要があります。

 

親族以外の弁護士、司法書士が後見人に就任する意義

 

 下記の事象について行う親族や協力できる親族が存在しないか,協力できる親族は存在するが,協同で行わないと困難となる又は親族への負担が多大となる場合,弁護士,司法書士が後見人に就任する意義があります。
@日常生活への配慮
A御本人の適正な生活環境の改善,維持
B入院,手術,行方不明等緊急事態が生じた時の対応
C死亡後の火葬等の処理

 

 御本人の判断能力の低下が重大であるため,御本人が適正な生活環境を維持することができない場合や判断能力の低下を起因とした周囲等への社会的影響が大きい場合,弁護士,司法書士が後見人に就任する意義があります。

 

 御本人が金融資産,保険金等財産の管理,処分,不動産の管理,処分,遺産分割,相続放棄,施設入所の契約,その他日用品の購入とはいえない重大な行為を場合する場合,弁護士,司法書士が後見人に就任する意義があります。

 

 成年後見制度を利用する前から事実上御本人の預貯金等財産管理をしている者が多忙や支障があるため,適正な財産管理やその事務処理を行うことができない場合,弁護士,司法書士が後見人に就任する意義があります。

 

 弁護士,司法書士といった親族法,相続法の専門家である第三者が後見人に就任することによって,適正な親族関係,円満な親族関係となることが期待される場合,弁護士,司法書士が後見人に就任する意義があります。

財産管理・処分

準備中

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
司法書士相談 事務所概要 相続放棄 相続登記 遺産承継 商業登記 中小企業支援 債務整理 金銭支払対応 金銭支払請求 債権回収 成年後見 財産管理処分 離婚 相続等家事事件 民事信託 空家対策 その他 司法書士業務