男女の調整 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理

浮気相手をこらしめたい。浮気相手に、慰謝料を請求することはできるのですか?

 

はい。
ご結婚をされている状態又はご結婚をされているのと同視できるほどの同棲関係において、浮気相手に対して、慰謝料を請求するための裁判書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をすることはできます。
したがいまして、当事務所が慰謝料を請求するための裁判書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をすることはできます。

 

過去に付き合っていた元の彼又は彼女から嫌がらせを受けている。今、付き合っている彼又は彼女に対しても、しつこく嫌がらせをしている。裁判や調停で、嫌がらせをやめて欲しい

 

はい。

この場合、その以前に、お付き合いしていた方が、あなたや、あなたの現在の彼又は彼女に対する嫌がらせが、法的にも保護されるといえるのであれば、当事務所の裁判書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉によって、慰謝料や嫌がらせをやめることを前提とした話し合いを裁判や調停及び訴額140万円以下の裁判外の和解交渉をすることができます。

したがいまして、具体的な嫌がらせの程度によっては、当事務所が裁判書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉によって、法的解決ができる場合と言えます。

 

過去につきあっていた当時に彼又は彼女にお金を貸した。別れてから、お金を返してもらえず、困っている

 

はい。
この場合、お金をそのお相手の方に支払うよう、裁判書類を作成することができます。
したがいまして、当事務所の裁判所等提出書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉によって解決することができます。

 

同棲生活を一方的に破棄された。慰謝料をもらいたい。

 

はい。
慰謝料を請求することができるかは、事実関係によって、異なります。
したがいまして、事実関係によっては、当事務所の裁判所提出書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をすることができます。

 

恋愛関係、同棲関係中に、彼又は彼女にお金を渡していた。

ところが、彼又は彼女との恋愛関係、同棲関係が解消された後、今までお金を渡していたことが騙されたと気がついた。
騙されたことが納得できず、お金を返してもらいたい。

 

はい。
この場合、詐欺に該当する可能性があります。
したがいまして、事実関係によっては、当事務所の裁判所等提出書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をによって、法的解決することができます。

 

恋愛関係、同棲関係中に、彼又は彼女に暴力や、侮辱等精神的苦痛を受けた。

治療費や、慰謝料をもらいたい。

 

はい。
この場合、治療費や慰謝料請求に関する裁判書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉をすることになります。
したがいまして、その暴力や侮辱等の精神的苦痛の内容とその証拠によっては、当事務所の裁判所等提出書類の作成及び訴額140万円以下の簡裁訴訟代理と裁判外の和解交渉によって、法的解決することができます。

その他、男女のトラブルについて、当事務所にご気軽にご相談ください。

場合によっては、弁護士の先生に依頼した方が適切、妥当な場合もありますので、その場合は弁護士の先生に依頼してくださいと、明確にお伝えし、関係機関に弁護士の先生をご紹介させていただきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
司法書士相談 事務所概要 相続放棄 相続登記 遺産承継 商業登記 中小企業支援 債務整理 金銭支払対応 金銭支払請求 債権回収 成年後見 財産管理処分 離婚 相続等家事事件 民事信託 空家対策 その他 司法書士業務