契約 取引調整 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理

・契約の相手方がお金を払わない。
・既にお金を支払ったが,商品,サービスの提供を受けていない。
・商品が不良品,サービスが通常のサービスの限度を超えてひどい目にあった。
・契約の相手方との間に意思の不一致がある。

 契約取引の調整は下記をクリックしてください。

 

残業代請求 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理

残業代の請求については下記をクリックしてください。

 

 

 残業代の請求は時効により2年間(労働基準法115条)と定められていることから,原則として(時効の中断がない場合),過去2年間分の残業代について請求することができることになります。

 

 退職された方は,原則として(時効の中断がない場合),最後に給与の支払を受けた日から2年間の経過により,時効に基づき残業代の請求をすることができなくなりますので,お早めにご相談ください

 

労働基準法第百十五条  この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は二年間、この法律の規定による退職手当の請求権は五年間行わない場合においては、時効によつて消滅する。

不動産賃貸借 調整 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理

 

 

男女の調整 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理

ご近所、近隣の調整 裁判書類作成 相手方1名あたり140万円以下交渉代理

ご近所、近隣の調整

 

ご近所、近隣のトラブルは近い距離ゆえに生じる特有のトラブル

 

被害を生じさせている方は相手に被害を生じさせている認識がないのに、実際に被害を生じさせているトラブル

 

その他、そのご近所の個別的事情によって、トラブルも千差万別であり、その解決方法も千差万別であり、非常に複雑なトラブルであります。

 

 

ご近所、近隣トラブルを当事務所に依頼するメリット

 

当事務所では、ご近所、近隣のトラブルに対処すべく、その分野に関して、司法書士業務を積極的に取り組んでおります。

 

そして、ご依頼者様のお気持ち、そのお相手の方のお気持ちを、ご依頼者様やお相手の方の視線にたって、ご理解させていただいております。

 

蚊帳の外である他の人にとっては、些細なことやご理解できないことも、当事者の視線に立って、裁判所等提出書類を作成し、トラブルを解決させていただいております。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
司法書士相談 事務所概要 相続放棄 相続登記 遺産承継 商業登記 中小企業支援 債務整理 金銭支払対応 金銭支払請求 債権回収 成年後見 財産管理処分 離婚 相続等家事事件 民事信託 空家対策 その他 司法書士業務