遺留分の意義

遺留分とは

 

 遺留分とは,被相続人の遺言,生前贈与の自由処分と相続人の生活保障,相続財産の公平な分配を調整する制度です。
 何人も自己の所有する財産を自由に処分し,遺言をすることができます。
 しかし,配偶者,子(代襲相続した直系卑属を含む。),親(直系尊属)の生活を犠牲にしてまで無制限に自己の所有する財産を処分することが社会敵に許容されるとはいえません。
 そこで,被相続人の遺言,生前贈与の自由を認めつつ,相続が発生した後,配偶者,子(代襲相続した直系卑属を含む。),親(直系尊属)が遺贈を受けた受遺者や一定の生前贈与を受けた受贈者に対して遺留分が侵害されている場合,遺留分減殺請求として財産請求を認めることとしたのが遺留分です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
司法書士相談 事務所概要 相続放棄 相続登記 遺産承継 商業登記 中小企業支援 債務整理 金銭支払対応 金銭支払請求 債権回収 成年後見 財産管理処分 離婚 相続等家事事件 民事信託 空家対策 その他 司法書士業務